40代からでも間に合うスキンケアの基礎知識と応用

女性

敏感になる原因に作用

スキンケア

日焼け対策も必要

敏感肌では紫外線に対する対策は必須と言われており、美白化粧品をスキンケアに導入する際、まずはトライアルセットから試す一工夫が必要です。敏感肌では、美白有効成分を含む化粧品との相性がもっとも気になる点で、美白化粧品の多くはライン使用が提案されています。テクスチャーや香料などは、肌が敏感な方の場合にはチェックしたい内容でもあり、まずは試すことが大切です。また美白ケアでは基礎化粧品に目が向きがちですが、日焼け止めにも着目することは対策として必要です。特に美白化粧品をシリーズで提案するメーカー品は、美白ケアに特化した日焼け止めも提案しているケースは多く、利用できる内容です。重たさを感じさせず、摩擦を与えにくい滑らかさで肌馴染みがよい物が適しています。もちろん、美白成分のビタミンC誘導体や保湿成分など、肌に潤いを与えながら日焼けによるシミを防ぐことが可能な化粧品選びが大切です。

有効成分よりも保湿

敏感肌でも美白ケアに重点を置きたい悩みを抱える方は多く、日焼けによるシミを防ぐことが可能です。紫外線に対して刺激を受けやすい肌でもあり、また、肌質ではなくシミやそばかすなどの悩みに着目している美白化粧品が主流で、選び方にも難色が示されています。敏感肌へ傾きやすくなる原因は加齢はもちろん、乾燥が深刻化した結果、デリケートな状態に陥りやすいと言われています。多くの美白化粧品は美白成分だけに注目が置かれており、例えば、水溶性ビタミンC誘導体を高濃度で配合し、メラニンの排出を促し、透明感ある肌に導いてくれます。美白を意識するだけではなく、敏感肌では保湿成分にも着目することがポイントです。シミへアプローチするにも、土台である肌を健やかに保つことが敏感な肌質の美白ケアには必要な内容で、肌馴染みの良いセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分のみならず、プラセンタやソウハクヒなどの保湿に美白をプラスした美容成分で化粧品を選び、ケアすることが効果に期待ができ、刺激に繋がりにくい利点です。